シルデナフィル服用による効果と副作用についてのご説明です。

シルデナフィルの効果と副作用

▼シルデナフィルの効果
バイアグラの主成分に使用されているシルデナフィルですが、男性の勃起をサポートする作用があります。
勃起が起こるまでには様々な働きがあり、そのどこかで不具合が生じているとEDとなってしまうわけです。
シルデナフィルは基本的には陰茎海綿体にある血管に作用し、その血管を広げることによって普段よりも、より多くの血液がペニスへ流れ込むような状態にする事で、勃起を促進するのです。
勘違いされて、【飲めば勃つんでしょ?】といった認識をされている方もいらっしゃいますが、まったく違います。
勃起が起こるためには、脳の中で性的欲求を高めなければなりません。
つまり、性欲が掻き立てられなければ、シルデナフィルを飲んでいたとしても、勃起がおこならいのです。

▼シルデナフィルの副作用
シルデナフィルを服用すると、先ずは顔が火照ってきたり、目が充血したりと言った症状が出やすくなっています。
次いで頭痛を感じる方や、消化器系への胸焼け、消化不良といった症状でしょうか。
基本的には、血管が広がることによって、お酒を飲んだ時に近いような、顔の赤みや目の充血、顔がほてるといった症状が現れます。
また、こういった副作用は、シルデナフィルを服用した方の、約7割以上の方に見られると言われています。
つまり、軽い副作用が出て当たり前。副作用を感じたら、効果が現れる合図にもなっているといった、味方もされております。
頭痛がひどい場合など、我慢できない時は、市販で販売されている頭痛薬を使用する事で、軽減することも可能です。

▼シルデナフィルの重度の副作用
他のED薬との過剰摂取や、血管拡張剤との併用など、危険な使用方法をする事で、重度の副作用を引き起こす場合があります。
過去に死亡事例も起こしている為、軽々しく考えずにしっかりとした管理が必要です。
また、禁忌に当てはまる方が無理やりシルデナフィルを使用する事で、重度の副作用を発症する場合もあります。
特に、既に性行為を行う体力が乏しい方が、突然元気になった場合、体への負担を顧みずに頑張ってしまい、心臓発作などを引き起こしてしまう場合も御座います。
過剰にシルデナフィルを摂取した場合、勃起持続症などを引き起こしてしまう事も御座いますので、注意が必要です。

↑ PAGE TOP